東洋医学で自律神経失調症は改善する?

自律神経失調症

自律神経が乱れを改善するには?

身体の不調には針灸が効果的なのは、昔から知られています。平たく言うと、東洋医学の分野やツボを刺激するということですね。昨今ではストレスや生活習慣の乱れ、PCやスマートフォンの使用により、自律神経が乱れている人が多いようです。電子機器の画面から発しているブルーライトという光線が影響しているようです。

 

自律神経失調症は病院で治療することは難しい症状です。投薬により症状を抑えたり、コントロールすることはできるようですが、それらは根本的な治療ではありません。

 

東洋医学の世界では、自律神経失調症の症状を改善することも可能であるとされています。筆者の個人的なイメージですが、確かに神経系の症状には、針灸が効きそうな印象はあります。

 

この記事では、東洋はり灸整骨院の石丸昌志さんがインターネットにて、自律神経失調症の改善法を公開しているので紹介しておきますね。石丸昌志さんのクリニックでは、自律神経失調症の悩みで訪れる患者さんが多いようで、改善テクニックが確立されているようです。頭痛や眩暈などの症状が改善されると評判です。

 

こうした治療院では、口コミが大事ですよね。できれば、評判のよい治療院に通いたいというのが患者の本音ではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ