鬱病になるとどうなる?

うつ病の症状

鬱病の症状とは、どんなものか?

うつ病の症状には心に生じる精神症状と、体に生じてくる身体症状があります。
心の症状より、体の変調のほうが先に気づきやすいと思います。
ただしそれがうつ病によるものだとはなかなか判断できないのではないでしょうか。
患者さん自身にうつ病という自覚がなく、体の病気と考えて、内科などを受診する人も少なくありません。

 

うつ病の身体症状で代表的なのが睡眠障害です。
眠れない、夜中に何度も起きてしまう、朝、必要以上に早く目が覚めるなどの状態が起こります。

 

それから疲労感や倦怠感です。
体がだるい、疲れやすい、だけでなく、疲れが取れず、ずっと残ってるなどの不調を感じます。

 

他に食欲不振・過多、頭痛、首や肩にこりを感じたり、腰痛などの体の痛みがあったり、
めまい、耳鳴り、動悸、口の乾き、発汗、腹痛、胃部不快感、下痢、便秘、頻尿、
月経不順、勃起障害などの症状が現れやすいとされています。

 

なぜうつ病で体の不調が現れるかと言うと、心と体はつながっているということ、
あと、うつ病のため自律神経系や内分泌系、免疫などに影響を及ぼすからです。

 

次に、肝心な心に生じる精神症状についてです。
主なものは抑うつ、意欲の減退、思考の低下です。

 

抑うつとは、憂うつで気分が重いということです。
わけもなく悲しい、寂しいと感じる、なにかせき立てられているようで落ち着かない、
悪いことをしたと感じて自分を責めたり、自分は価値のない存在だと思う、
死にたい、などの感情に襲われます。

 

意欲面が低下すると、行動力や集中力が減少して、何をするのも億劫に感じます。
なにをしても楽しくないし、興味がもてない。
今までに愉しみだったことや好きでやっていた趣味などにもやる気が起きなくなります。
誰かと会って話していても面倒だしつまらないと感じるようになります。

 

思考力が低下したときは、頭が冴えなかったり、考えをまとめにくかったり、
また注意力が散漫になって人の言葉がすぐに理解できなかったり、反応が遅れるなどの不調が現れ、
決断力や判断力が低下して、些細なことでも決断ができないなど、実生活に影響が出るようなことが起こります。
時には、「重い病気になった」といったような現実とは違う妄想にとらえられることもあります。

 

うつ病の症状は一つだけ出るということはあまりなく、色々な症状が重なって現れます。
たとえば、頭痛がするだけでなく、食欲もない、といった感じです。
「よく考えてみたら、最近楽しくないな」という心の症状の自覚があれば、早めに医師の診察を受けることです。

 

医師でなくても、心理カウンセラーの下園壮太のような方のカウンセリングを受けるというのも手段のひとつです。下園壮太は有名な心理カウンセラーで鬱病や心に関連する著書もたくさんあります。もちろん、下園壮太は医者ではないので、薬は処方しません。認知療法という手法で鬱病を改善させるようです。プチ認知療法というDVDが販売されていますので、それを参考にしてみるのもいいでしょう。

 

うつ病の症状は周りの人の理解が必要です。周りの人というのは、家族や職場の人間などです。家族で下園壮太のプチ認知療法を見てみるのもいいですね。鬱病は独りで悩まないことが大事なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ