ピッチャーの悩み

肩と肘の痛み

ピッチャーの関節痛を改善するには?

野球のピッチャーにとって、肩や肘は大切な道具です。中学から高校の間に肩や肘を酷使して痛めてしまうと、能力がある投手でもプロに入ってから伸びないと言われています。それでも、スポ根モノの影響なのか、徹底的に投げ込み、肩や肘を痛めてしまう選手が後を絶ちません。コーチや監督に問題がある場合も多いです。投手として活躍するには、正しい練習法や投球フォームを身に着けておく必要があるようです。特に少年野球や中高生の選手となると、将来があるのでなおさらです。

 

そこで、お勧めしたいのが投手パフォーマンスラインという野球教材です。投手パフォーマンスラインでは、肩や肘の痛みを改善するための方法が解説されています。自宅で実践できるノウハウなので、難しいものではありません。既に多くの投手が実践して、痛み軽減の効果を体感しているので、安心して取り組める野球教材になります。だいたい1ヶ月もあれば、効果を実感できるようです。運動神経の良し悪しは関係ありません。小学生くらいから取り組める内容になっています。投手パフォーマンスラインはピッチャーはもちろん、野球少年の親やコーチや監督などの指導者にもお勧めです。肩や肘の痛みや故障で悩んでいる投手には、ぜひとも実践してほしいノウハウです。

 

高島誠 投手パフォーマンスライン


ホーム RSS購読 サイトマップ